ハワイ

JTBのミールクーポンはお得?使い方やメリットなど詳しく解説

こんにちは!もふです。
わたしのプロフィールはこちらからどうぞ♪

ハワイ旅行中は何度かJTBのミールクーポンを利用してみました。
実際に利用してみて思った感想などを詳しくまとめましたので、購入しようか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

ミールクーポンって?

ミールクーポンとは、ルックJTBが提供しているサービスで、あらかじめ旅行者が購入する食事券のことを言います。
ミールクーポンはJTBが提携しているレストランで使用することができ、食事代はもちろん、サービス料やチップ、税金などがすべてが含まれているクーポンです。

初めてのハワイで予約方法やチップの計算などに慣れていない人には便利なシステムです。

購入方法

購入方法はとても簡単で、JTBハワイオプション.comのウェブサイトから希望するレストランを探して申し込みボタンをクリックします。
後は指示に従って人数や希望日などを入力していくだけなので難しいことは何もありません。

このミールクーポンはJTB以外の旅行会社を利用している人や、個人旅行の人も利用できるのがすごいところ!
便利に活用したいですね♪

JTBハワイオプション.com
ウェブサイトはこちら

支払い方法

ミールクーポンの支払い方法はクレジットカード支払いのみ

その他の支払方法はありませんのでご注意ください。

使い方

申し込みが完了すると、レストランに行く日(ハワイ現地時間)の7日前よりEチケット(ミールクーポン)発券のお知らせメールが届きます。

そのお知らせメールに記載してある手順に従って、マイページからミールクーポンを印刷して、当日レストランに持って行けばOKです。

※クーポンを印刷していなかったり、忘れてしまった場合、レストランに入れなかったり、再度代金を請求される場合があるので絶対に忘れないようにして下さいね。
また、スマートフォン画面の提示もNGです。

メリットとデメリット

実際に利用してみて感じたミールクーポンのメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット1 面倒な計算は一切無し!

ミールクーポンを利用するメリットとしては、やはり食事代、サービス料、チップ、税金などが全て含まれていることだと思います。

実際にハワイ滞在中、レストランの支払いをする際、思った以上にチップや税金の計算がややこしく、困ることもしばしば・・・
初めてハワイに行く方や、支払いに慣れていない方には是非お勧めしたいです。

メリット2 出発前に手続きできるのが嬉しい

2つ目は出発前にゆとりを持ってレストランの比較検討や予算との相談、メニューの把握などができるという点です。

旅行先で何を食べるか悩んだ挙句適当なものを食べてしまったなんていう経験がある方もいらっしゃるかもしれませんが、日本にいる間にゆっくりと店の選定やメニューを決めることができるので心にゆとりを持つことができたのはよかったと思います。

デメリット 別途支払いが必要な場合も有り

ミールクーポンのデメリットとしては、ミールクーポンのメニューに含まれない飲食物を追加注文した場合は、別途清算が必要になり、その際には、チップ(15%~20%)の支払いも必要になります。

ミールクーポンのメニューには飲み物が含まれていない場合がほとんどで(水は除く)、結局はチップの支払いが必要になる場合があります。

利用してみた感想

今回2店舗ほどミールクーポンを使用してみましたが、
ずばり利用してみた感想は使ってよかったです。

出発前にゆっくりと予約から支払から全て済ませられたのはかなり良いと思いました!
あらかじめ旅行の予算が立てやすいのも助かりました。

支払いについては2店舗共々メニュー外のドリンクを頼んだので、ドリンク代・チップの支払いは必要になりましたが、このデメリットを除いても、初めてのハワイで不慣れな私達にとっては便利でした。

お得かどうか

忌憚のない意見を言いますと、結局チップを払う可能性が大きいのでそこを踏まえると若干割高な印象はあるので値段的にお得と言うわけではなさそうです。
あくまで初めてのハワイで不慣れなことだらけ、と言う方には全力でオススメしたいのですが、今はハワイのレストランも日本にいる間に予約ができたり(しかも日本語でOK)するので、何度もハワイに行かれている方は使う必要はないのかなと思います。

ミールクーポンを利用して食事した記事はこちらからどうぞ♪

ABOUT ME
もふ
もふ
フツーの旅ブロガー・ライターです。 旅行好き夫婦の旅行記・体験記をちまちま書いています。 お出かけ総合サイト「るるぶ&more.」でライターとしても活動してます。