国内旅行

【ウェルカムベビーのお宿】鬼怒川温泉ホテル宿泊記!

こんにちは!もふです。
わたしのプロフィールはこちらからどうぞ♪

生後3ヶ月になる娘の人生初旅行には鬼怒川温泉ホテルさんを利用させていただきました。
ウェルカムベビーのお宿にも認定されているこちらのホテル、クチコミ通り子連れに優しいとても快適なホテルでした!

宿泊記を書くにあたって写真多めでお伝えしたいところなのですが、今回は旅行記にも書いた通り子連れ旅行の洗礼を受けたどたばた旅だったため、写真を撮る暇もなくほとんど写真が残っていません。
何とか文章で伝わるように努力しますので生暖かい目でお読みいただければと思います(涙)

【生後3ヶ月】超絶どたばた!鬼怒川温泉旅行記【娘、旅行デビュー】こんにちは!もふです。 わたしのプロフィールはこちらからどうぞ♪ 先日、生後3ヶ月になる娘を連れてもふ家おなじみの栃木県にある鬼...

鬼怒川温泉ホテルについて

鬼怒川温泉ホテルは絆を深める“結旅”の宿をコンセプトとして三世代で楽しめる温泉旅館を目指す日光の老舗温泉宿です。
後から発覚したのですが、あの金谷ホテル観光グループの1つみたいです。

あの、と言われていまいちピンとこない方の為に、金谷ホテルといえば一般人はなかなかに贅沢しないと泊まれない高級ホテルです

たいっへんに失礼ながら外観は若干さびれた雰囲気が出ていますが中に入るとものすごく綺麗で豪華な造りになってます。

(ホテルの外観写真を撮れなかったので竜王峡の写真でごまかす)

ウェルカムベビーのお宿認定ホテル

さて、こちらのホテルはミキハウス子育て総研が赤ちゃん・子どものいる子育てファミリーにとって安心して宿泊できるホテル・旅館・温泉宿等の施設である「ウェルカムベビーのお宿」に認定されています。

子ども用の備品が充実していることはもちろん、子連れ旅行に有難い部屋食プランや滞在中オムツが替え放題の専用プランなども用意されているみたいです。

そしてなんと乳幼児向けのコンセプトルームもありますよ。
プレイマットやバンボ、バウンサー、オムツ専用ゴミ箱、ベビーベッド等の備品が揃っているので赤ちゃんの初旅行にも最適だと思います!
私も本当はこの部屋に泊まりたかったのですが残念ながら空きがありませんでした。
ここに泊まっていれば少しは娘のぐずりも変わっていたのだろうか。。


※鬼怒川温泉ホテル公式サイトよりお借りしました

客室

それでは次に客室を紹介します。
鬼怒川温泉ホテルは館内が遊楽館・湯の街館・懐かし館と分かれており、それぞれに客室があるのですが今回私が宿泊したのは遊楽館のスタンダードルームです。

部屋の広さは12畳と、大人2分+子供での宿泊なら十分すぎるくらい快適な広さです。
まだミルクを飲む子供がいる身としては、部屋奥のソファーが授乳するのにぴったりで有難かったです!

風呂

お風呂も十分な広さがあります。
娘をお風呂に入れるのも問題ありませんでした。

洗面台

洗面台も大きく、洗顔や身支度もやりやすかったです。

毎度おなじみのドライヤーチェックですが、風量も文句なしです!

トイレ

トイレは洗浄機付きです。

冷蔵庫、ポット

部屋奥には冷蔵庫、ポット、お茶セットがあります。
それから地味に目覚まし時計が大活躍でした。
子連れ旅行は何かと忙しないので置時計があるとすごく助かります。

温泉

鬼怒川温泉ホテルの温泉情報はこちら

泉質:肌に優しいアルカリ性単純泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、 疲労回復、健康増進

ホテル内には大浴場と貸切露天風呂があり、大浴場は木造り大浴場「渓谷の湯」と石造り大浴場「湯里(ゆり)」の2つが男女入れ替え制で利用することができます。
貸切露天風呂は利用しませんでしたが、大浴場は渓谷の湯、湯里共にどちらも違った良さがありかなり満足感が高かったです。
特に好きだったのが石造り大浴用「湯里」の方だったのですが、パワーストーンを使用したお風呂が4つと露天風呂が1つの構造になっていて、1つずつ入っていくのがとても楽しかったです。

アメニティは一通り用意してあり、赤ちゃん向けのサービスとしては脱衣所にベビーベッド・オムツを入れるゴミ袋、大浴場内にベビーチェア・ベビーシャンプー・ベビーソープの用意がありました。

これは娘用に用意してあったタオルセット
これは子供大喜びですわ。

食事

食事は夕食・朝食共にビュッフェでした。
写真が肝心な食事レポですが、なんとか撮影できたのが夕食の1皿。。。のみです(涙)
そして優雅に食事をする余裕も無かったので正直、あんまり、、覚えていないです(小声)
そんな訳ですが、種類は豊富に揃っており、その場で出来立てを作ってくれるライブキッチンのコーナーが充実していました。

それからコロナウイルス対策を徹底して行っているようでマスク着用義務に加え、会場においてある使い捨て手袋をつけて料理を取るシステムになっていました。

ちなみに食事会場ではベビーカーをレンタルすることができます(しかもなんとアップリカ製)
また、自分のベビーカーで会場に入ることもできるようです。
まだ腰の据わっていない赤ちゃんや、ベビーカーでそのまま眠ってしまった場合などに助かるサービスでした。

夕食

夕食は和洋中のメニューが用意してありました。
出来立てを味わえるライブキッチンでは豚しゃぶ、すき焼き、天ぷら、お刺身、石窯焼きピザ、野菜のグリルなどが楽しめました。

用意してあるお料理も日光ゆばや宇都宮餃子など、栃木を感じられる食べ物が多くあり、旅行気分を味わうのにうってつけでした!

朝食

翌日の朝食時には子連れ家族がまとまっている場所に案内してもらえたので多少娘が声を出してもお互いさまな雰囲気が出ていたのが有難かったです。

メニューは和洋のメニューが揃っていたと思います。
ライブキッチンコーナーではフレンチトーストやオムレツ、おむすび、そしてなんと佐野ラーメンまでありました。

ちなみに朝食時においてあったコーヒー牛乳が超絶品だったので利用される予定の方はあったらぜひ飲んでみてください!
よくあるコーヒー牛乳の味ではなく、練乳風味ですごく美味しかったです。
夫なんて3杯おかわりしてました(笑)

宿泊してみた感想

ぐずる娘をあやすことに必死でゆっくりする暇はなかったので細かいレポはできないのですが、総合評価としては部屋良し!食事良し!お風呂良し!ホスピタリティ良し!な大満足なホテルでした。

ウェルカムベビーのお宿に認定されたホテルという理由でこちらを予約したのですが、赤ちゃん向けのグッズや設備が整っているだけでなく、従業員さんが子供に慣れていたというのも有難かったです。
子連れ旅行ならではの悩みをしっかり把握してくれていて、その対応もできている。
これが一番居心地が良かった理由かな、と。

もちろん子連れでなくても満足度が高いホテルだと思います!
鬼怒川温泉のホテルは色々と渡り歩いていますがその中でも上位クラスに良いホテルでした。

ここは絶対また行きます。今度は娘も大きくなって一緒に食事や温泉を楽しめるようになった時にお世話になりたいと思います。
go toトラベルキャンペーンが世間を賑わせていますが、こちらのホテルももれなく登録業者に認定されていますのでお安く泊まれるチャンスですよ!