旅の準備

【経験談】生後6ヶ月の赤ちゃん連れ旅行完全マニュアル!

こんにちは!もふです。
わたしのプロフィールはこちらからどうぞ♪

先日生後6ヶ月になった娘を連れて近場の小旅行に行って来ました!(緊急事態宣言が発令される前の事です)
今回の旅行は、前回の反省点を踏まえて対策に対策を練った上でのリベンジマッチ戦です。
赤ちゃん連れならではの悩みなども詳しく書いてみたので、参考にしていただければと思います。

生後3ヶ月旅行の惨劇はこちらから

【経験談】生後3ヶ月の赤ちゃん連れ旅行完全マニュアル!こんにちは!もふです。 わたしのプロフィールはこちらからどうぞ♪ 先日生後3ヶ月の娘が旅行デビューを果たしました! 人生初の旅...

生後6ヶ月での旅行ってどう?

まず前回の旅行について振り返ってみると、生後3ヶ月でデビューした旅行は娘にとって負担となる旅行になってしまい、今でも大反省している残念な結果となってしまいました。

もふ
もふ
夫はあの旅行以降、娘のギャン泣きに対して相当耐性がついた(ついてしまった)ようです

その反省点を生かし、対策に対策を重ねた今回の旅行ですが

おおむね大成功!90%は満足!な結果となりました。

“おおむね”“90点”なのは多少なりとも今回も反省点が残ったからですが、少なくとも娘はずっとニコニコでいてくれて夫婦でホッと胸をなでおろしています。

6ヶ月になる娘は最近色んなものに興味を持つようになり、普段とは違う見慣れない景色に興味津々だったようです。
たまの旅行は娘にとっても良い刺激になったのではないかと考えています。

前回の反省点と今回の対策

前回の反省点はしっかりお昼寝ができていなかったこと夕食が部屋外だったため娘の寝る時間が遅くなってしまったことの2つ!
今回はこの2点に関してはばっちり対策しておきました。

お昼寝を徹底させる

まず、娘のお昼寝時間をしっかり確保するために早めのチェックインを心掛けました。
15時過ぎにはチェックインして、着いたらすぐに長めのお昼寝タイムをとりました。

その他、移動中などは娘の活動限界時間を考えて、しっかりとお昼寝してもらうように徹底しました。

結果的には2日間ともぐずること無く、ほぼいつも通りの生活を送ることができました。

夕食は部屋で食べる

次に、夕食に関しては部屋食のプランにすることで、娘を先に寝かしつけて私たちは後からゆっくり食事をする方法にしてみました。

思惑通り娘が寝てくれたのですが1つ失敗がありまして、娘を寝かすために部屋を薄暗く、そして静かにしていないといけなかったため、せっかくのお部屋フレンチがお通夜状態(笑)
次回の課題となりました。

もふ
もふ
もっと広い部屋を予約しておくべきでした

目的地

今回の目的地は横浜だったので、自宅からは1時間30分ほどの距離になります。
横浜へはすでに娘も何度か行ったことのある場所なので、移動や場所に関しての不安はありませんでした。

【生後6ヶ月】子連れ横浜ベイシェラトン宿泊記!おこもりフレンチディナーと朝食ビュッフェでリフレッシュの巻こんにちは!もふです。 わたしのプロフィールはこちらからどうぞ♪ 先日神奈川県は横浜市にある横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ...

交通手段

前回と同じく今回の旅行も交通手段はを選びました。
大人2人+子供1人分の荷物と、ベビーカー、抱っこ紐を運ぶにはむしろ車以外手段はないのでは、と思うほどの大荷物っぷりです。

もふ
もふ
子連れ旅行はとにかく荷物が多くなるのが欠点ですね(汗)

持ち物


生後6ヶ月になる娘の1泊2日分の持ち物はこんな感じでした。
授乳クッションはさすがに持っていかなかったのと、今回は冬だったので寝る時のスリーパーを持参しました。

・お昼寝マット、スリーパー
・肌着、洋服
・オムツ(10枚程度)
・お尻拭き
・防臭袋
・ガーゼ、タオル
・哺乳瓶
・粉ミルク
・ボディウォッシュ・ボディクリーム
・母子手帳、娘の健康保険証

それから今回は娘のお気に入りのおもちゃも持参しましたが、これが大正解!
ぐずってしまった時に気をそらすのに大活躍してくれました。


最後に写真には写っていませんが、ベビーカーとエルゴの抱っこ紐も持参しています。

宿泊先選びで重視したこと

前回の旅行ではウェルカムベビーのお宿に宿泊することを重視していましたが、娘もだいぶ外の世界に慣れてきたので今回は普通のホテルに宿泊することにしてみました。
そんな中で私たちが重視したのがベッドタイプのお部屋であることです。
前回は係りの人がお布団を敷きに来てくれる方式のホテルだったため、チェックイン後に娘が休むスペースが無かったのが敗因の1つだと思っています。

ということで今回は部屋に着いたらすぐに休めるベッドの部屋があるホテルを選ぶことにしました。
早めの時間にチェックインをして、娘のお昼寝時間をたっぷり確保したところ娘もぐずることなく夜までニコニコでした。

今回の反省点

冒頭でお伝えした通りおおむね大成功だった今回の旅行ですが、反省点としては夕食がお通夜状態になってしまったこと。
夕食時間が娘の寝る時間ともろ被りだったので、もう少し早い時間の夕食にすればよかったかなと思います。

あともう1つはチェックイン後の娘のお昼寝中、身動きが取れずに手持無沙汰になってしまったことです。
例えばホテルに大浴場などがあれば夫婦で交代してお風呂に行くなんてこともできたのですが、今回はそういった施設が無いホテルだったのでただただ暇。でした(笑)

もふ
もふ
結果的に夫婦2人で暇しているのも勿体ないので、夫には外に遊びに行ってもらいました

【まとめ】赤ちゃん連れ旅行は生後6ヶ月でも楽しめる!

3ヶ月での旅行が残念な思い出になってしまったので、まだ早いかな、楽しめないかなと若干心配していましたが今回の旅行は娘も終始ご機嫌で、大人も久しぶりに息抜きすることができて良い思い出となりました。

赤ちゃん連れの旅行はいつから行けるのか?
いつから楽しめるようになるのか?

など沢山の疑問があるかと思いますが、個人的には生後6ヶ月なら赤ちゃんも大人も楽しめるものだなと実体験をもって感じました。

娘も大きくなっていくにつれてどんどん選択肢の幅が広がると思うと旅行好きとしてはこんなに嬉しいことはないです。
なかなかお出かけしづらい昨今ではありますが、次どこ行こうか?を考えながらまた日々の生活を頑張っていきたいと思います!

【生後6ヶ月】子連れ横浜ベイシェラトン宿泊記!おこもりフレンチディナーと朝食ビュッフェでリフレッシュの巻こんにちは!もふです。 わたしのプロフィールはこちらからどうぞ♪ 先日神奈川県は横浜市にある横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ...