お出かけ

道の駅きつれがわがリニューアル!喜連川に来たら一度行ってみる価値あり♪

こんにちは!もふです。
わたしのプロフィールはこちらからどうぞ♪

先日喜連川温泉に行った際、道の駅に立ち寄った時のことです

あれ?なんか前に来た時と違う?

私の記憶にある道の駅きつれがわは、「ほろーん」と言う効果音が似合いそうなちょっと古びた感じの道の駅で、お世辞にも賑わっているとは言えないような場所だったはず。

それがどうでしょう。
建物は綺麗になってるしお客さんで大賑わいだし、どうしちゃったの?違う場所に来ちゃったの?とぐーぐる先生に助けを求めたところ2017年4月20日にリニューアルオープンしてたみたいです。

かなり前の事じゃないか!と怒りの投書が来そうな記事ではありますが、リニューアル前の道の駅きつれがわに行ったことがある人がいたら、絶対に私のように浦島太郎状態になるはずです。

そんな訳で、前ふりが長くなりましたが新しくリニューアルオープンした道の駅きつれがわレポートです!

リニューアルした道の駅きつれがわ

前述した通りリニューアル前はさびれた雰囲気の道の駅きつれがわでしたが、リニューアルに伴いフードコートや直売所などがバージョンアップして再オープンしておりました。

フードコート

フードコートでは軽食からがっつりご飯まで、さくら市の人気店が出店しています。
フードコートに出店しているお店はこちらです。

・竹末道の駅本陣(ラーメン)
・桔梗 花実や(そば・うどん・丼)
・あさの牧場(あさの豚直営店)
・パン工房温泉パン(喜連川温泉パン)
・たいやき鱒屋(たいやき)
・惣菜工房 花のれん(手作り惣菜・弁当)
・Gelateris KITS(ジェラート)

上記の内、たいやき鱒屋さんでたい焼きと、パン工房温泉パンで喜連川温泉パンを購入してみました。
鱒屋さんで買ったたい焼きは良い意味で常軌を逸したサイズのたい焼き(厚みが3cmくらいありました)で、とても食べごたえがあり美味しかったです。
個人的にジェラートが食べてみたかったのですが、時間帯が遅かったのかお店に人がおらず買うことができませんでした(涙)

喜連川の名物喜連川温泉パンはこちらの記事で紹介していますのでよろしければご覧ください♪

喜連川名物の喜連川温泉パンって?名前の由来や販売店を調査!こんにちは!もふです。 わたしのプロフィールはこちらからどうぞ♪ 喜連川と言えば「温泉」ですが、実はその他に喜連川温泉パンという...

直売所

直売所では、さくら市産を中心とした地元農家の採れたて野菜を購入することができます。
また、道の駅オリジナル商品や地元特産品も取り扱っているのでお土産を購入するのにもぴったりな場所です。

採れたて野菜は新鮮なのが見てよくわかるほどのみずみずしさ!
皆さんたくさん買われていました。

お酒の種類もかなり豊富に揃っていました。

温泉

道の駅きつれがわでは、日本三大美肌の湯である喜連川温泉に入ることができます。
こちらの施設は露天風呂付きの大浴場と、水着を着用して入るクアハウスが一体となっています。
利用料金は周辺のホテルに比べて安いのにこの充実具合は魅力的です。

営業時間:10:00〜23:00 (クアハウス〜20:00)
定休日:第2・4月曜日(祝日の場合は翌日)
利用料金:中学生以上¥500(税込)/小学生¥300(税込)/未就学児 無料

無料の足湯

施設の外には靴置場、ロッカー、足洗い場が完備してある足湯があります。
なんとこの足湯、無料で入れるのです。

営業時間:11:00〜16:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
利用料金:無料

足湯は温泉に比べると少し早めに終了してしまうのでご注意下さいね

さらには足湯の入り口には靴を脱がずに楽しめる手湯があるので、ストッキング・タイツを履いてるので気軽に入れない女性でも楽しめるのが嬉しいです。
(ちょっと話は逸れますが、カップル・夫婦で足湯に行くと遠慮なく靴下脱いで入る男性にもやっとしません?女性は色々と大変なんだよこんにゃろ!と思わずにはいられない…)

リニューアルオープンした道の駅きつれがわについてご紹介させていただきましたが、私自身今回のリニューアルには本当に驚きました。
以前夫と立ち寄った際は「ここは1度来ればいいね」なんて話していたのですが、喜連川に来た時の楽しみが1つ増えてとても嬉しいです。
喜連川温泉に来た際はまた必ず立ち寄ろうと思います♪

道の駅きつれがわ
住所:栃木県さくら市喜連川4145-10
電話番号:028-686-8180
ウェブサイトはこちら

ABOUT ME
もふ
もふ
旅ブロガーもふです。 旅行好き夫婦の旅行記・体験記をちまちま書いています。 ここ最近はホラーゲーム実況動画鑑賞がブームです。