海外旅行

イタリアハネムーン3日目【カプリ島~青の洞窟~アマルフィ海岸ドライブ】

イタリアハネムーン3日目です
この日は楽しみにしていた青の洞窟入場があります。
はたしてわたし達は青の洞窟に行けたのでしょうか?

カプリ島観光と青の洞窟

カプリ島へはナポリから船に乗って向かいます。
カプリ島到着後、まずガイドさんがその日の青の洞窟の状況を確認してくれます。
今のところ入場可能とのことで喜んだのもつかの間、青の洞窟に行っても、その場の波の状況で入れなくなることもあるのでまだ絶対に入れるとは言えないとのことでした。

わたしたちが乗っている船の後ろにロープをつないで後ろからついてくるおじさんたちがおもしろいです。
青の洞窟に到着したらこのおじさんたちが乗っている小舟にグループで乗り込み青の洞窟に入るのです。

いざ青の洞窟についてから、洞窟の入り口を見てびっくり!30センチくらいしかないんじゃないの!?というほど入口が狭いんです。
なので洞窟内に入るときは小舟に寝そべった状態で入るのだそう。

さて、肝心の海の状態ですが、少し波は高かったもののなんと入場可能!
1回目で青の洞窟に入れるのはなかなかラッキーなことだそうです。

青の洞窟内はため息が出るほど美しい空間で、意外にも狭かったです。
船をこいでくれるおじさんたちが鼻歌程度に歌を歌ってくれるのですが、洞窟内に歌が響いてなんとも幻想的な雰囲気に。
どんどん後から観光客が入ってくるので、長時間の滞在はできません。
あっという間の贅沢な時間でした。

急きょ決まったクルーズ

青の洞窟から帰った後、工程通りであれば昼食となるのですが、意外にも青の洞窟が待たずにすんなり入場できたことから昼食まで時間が空き、添乗員さんから急きょ青の洞窟以外の名所を巡るクルーズが可能ですとの提案をいただきました。
もちろん有料となるので、参加者全員の希望をとり(確か全員参加希望だったと思います)急きょクルーズが決定しました!
カプリ島には青の洞窟以外にも赤の洞窟・白の洞窟・緑の洞窟があり、それらを順番に回ってくれるというなんともうれしいクルーズでした。
偶然にもこんなに素敵なクルーズ参加できて楽しかったです!

写真は全部取れませんでした(汗)

クルーズ後、昼食となりますが3日目のちょっと疲れが出てきたころ、ついにわたしが暑さでばててしまい昼食中に鼻血が止まらなくなるという事態に!
メニューのリゾットはとてもおいしかったのですが、暑くてだるくて鼻血が止まらなくて、の苦い思い出です。

カプリ島のお土産

カプリ島を発つ前に少しだけ自由時間があり、お土産物を物色しつつ夫と旅の記念にカプリ島の名物カプリウォッチを購入しました。
お店の人に日本ではここの3倍近い値段になるよーと言われたものの半信半疑でいたら本当にその通りでした。
もう1個くらい買っておけばよかったと後悔…

また、カプリ島のお土産と言えばレモン関連のアイテムです。
レモンの栽培が盛んなイタリア南部の町ならではの商品がそろっていました。
レモン飴やレモンクッキー、レモンチェッロなどの食品から、レモン柄の食器などお土産屋さんはレモンモチーフで溢れかえっていました!

カプリ島の高台から見た景色
写真で見たことのある景色に感動しました!

アマルフィ海岸の絶景ドライブと散策

昼食・自由時間の後はバスに乗り込みアマルフィ海岸のドライブです。
途中、写真スポットで短時間の下車があったりとゆったりとした楽しい時間でした。

途中下車した場所から撮影した風景

ドライブ後はアマルフィの街で30分の自由散策の時間がありました。
アマルフィの街

アマルフィの街には通り一帯がお土産屋さんになっている場所あり、歩いているだけでも楽しかったです。
また、海岸では海水浴を楽しむバカンス中の人で溢れていました。
30分しか無かったのでトイレに行っておく時間などを含めるとほんの少ししか町を歩けなかったのが残念です。

この日の観光は以上で終了です。
3日目の宿泊先は前日と同じく「ホリデイ イン ナポリ」での宿泊でした。
まさかの2連泊!(笑)
2日目は初日よりだいぶ慣れたこともあり、初日のような怖さはありませんでしたが、やはりあの薄暗さに慣れず必要最低限のことをして早々に就寝しました。

イタリアハネムーン4日目はこちらからどうぞ♪

イタリアハネムーン4日目【ポンペイ遺跡~イタリア版新幹線で列車の旅】イタリアハネムーン4日目です。 今日はベスビオ火山の噴火で埋もれたポンペイ遺跡の観光と、ナポリからイタリア版新幹線で列車でフィレンツェ...
ABOUT ME
もふ
もふ
旅ブロガーもふです。 旅行好き夫婦の旅行記・体験記をちまちま書いています。 ここ最近はホラーゲーム実況動画鑑賞がブームです。