ハワイ

【2018年】ハワイアン航空レポ!機内食やアメニティ紹介します

皆さまこんにちは!もふです。
わたしのプロフィールはこちらからどうぞ♪

今回のハワイ旅行に行く際、往復のフライトで利用したハワイアン航空のレポートになります。
乗るまでに疑問に思っていた点などをまとめてみましたのでこれから利用される方の参考になれば嬉しいです♪

日本語は通じる?

日本語が全く通じなくてどうしようと不安でいたのですが、行きも帰りも日本語を話せるクルーが1~2名ほどいました。
ただし、機内食やドリンクのサービスの時に日本語を話せるスタッフにあたる確率は極めて低く、基本的に受け答えは英語(簡単なものでOK)になります。

また、アナウンスも英語・日本語どちらも流してくれますので、意味が分からなくて困るといったこともありませんでした。
何か困ったことが起こった時は一番後ろで日本語が話せるクルーが常駐しているようなので安心して乗ることができました。

設備は?

エコノミークラスの設備は日本航空やANA等と大きな差は感じられず、特に不便な点はありませんでした。

各シートについているモニターでは音楽・映像・ゲームなどが利用できます。
映画に関して言えば日本語で見られる種類も割と豊富で、吹き替えがほとんど英語とスペイン語しかなかったアリタリア航空なんかよりよっぽどよかったです(笑)
音楽はやはりハワイアンミュージックの種類が豊富でした。

また、モニターにはUSB端子がついていますので、スマートフォン等の充電が可能なのが嬉しかったです。

機内サービスとアメニティ

各シートにはひざ掛けとまくらが必ず1セットおいてあります。
また、飛行機が飛んですぐにイヤホン・耳栓・アイマスクがセットになったアメニティが配られました。
ひざ掛けやお水などは声をかければいつでももらうことができました。

機内食

楽しみにしていた機内食ですが、行きのフライトではハワイらしくロコモコが出ました。
豪快な見た目とは裏腹に味はとってもおいしかったです。

2回目の時にはフルーツ・ヨーグルト・カップケーキなどの軽食が配られました。
ミニバッグに入って出てきますので、この場で食べない場合でも持ち帰ることができるのが嬉しいです。

帰りのフライトの機内食はごはんに鶏肉のあんかけがかかった和風中華丼のようなメニューでした。

2回目はサンドイッチがサーブされました。

その他にもクラッカーとジュースのサービスもありました。
何となく頼んでみたパッションオレンジ・グアバのジュースがおいしくてこればかり飲んでしまいました
ハワイアン航空を利用される方がいましたらおすすめです。

「乗った瞬間からハワイ」

がキャッチコピーのハワイアン航空ですが、クルーがアロハシャツ着用だったり、音楽サービスにはハワイアンミュージックが豊富だったり、機内にプルメリアの模様が書いてあったりと、本当にキャッチコピー通りの素敵な航空会社でした。

個人的にお気に入りだったのがハワイアン航空の機内安全説明のビデオです!
定番の酸素マスクやライフジャケットの説明を、ハワイの素敵スポットと共に面白く説明してくれてるんです。
これは是非見てほしいです(笑)

フライト中に言葉が通じない・設備不良で困った等のトラブルは一切なくとても快適に過ごすことができました。
次にハワイに行く機会があったらまた利用させてもらおうと思います。

ABOUT ME
もふ
もふ
フツーの旅ブロガー・ライターです。 旅行好き夫婦の旅行記・体験記をちまちま書いています。 お出かけ総合サイト「るるぶ&more.」でライターとしても活動してます。