国内旅行

ホテル鬼怒川御苑宿泊記!安いのに高クオリティの大満足ホテル!

こんにちは!もふです。
わたしのプロフィールはこちらからどうぞ♪

家からアクセスしやすいこともあり、何度も夫と訪れている鬼怒川温泉!
そんな大好きな鬼怒川温泉で、私達夫婦がリピートして宿泊しているのが鬼怒川御苑です。
今回は鬼怒川御苑の良さをお伝えするべく、詳しくレポして行きたいと思いますので、これから宿泊をご検討している方の参考になれば幸いです。

鬼怒川御苑基本情報

ホテル鬼怒川御苑は栃木県は日光市にある大江戸温泉物語系列のホテルです。
鬼怒川を眼下に臨みながら入浴できる展望露天風呂が自慢の温泉宿で、おもてなしのサービス精神あふれる伝統旅館です。

鬼怒川御苑のココが好き!

さて今回の宿泊記はいつもとちょっとスタイルを変えて、私の鬼怒川御苑大好きポイントを説明しながらホテルの紹介をしていきたいと思います!

【1】お値段がリーズナブルなのにサービス良し

もふ調べでは鬼怒川御苑の宿泊代は1泊2食付でおそよ7000円~12000円の間でした。
これは鬼怒川内の同じくらいのランクのホテルと比べて比較的安いです。

それなのにサービスの質はとても良いです!
こちらへは3回ほどお世話になっていますが、いつ行っても従業員さんのホスピタリティは素晴らしいし、食事は満足できるし(後述します)、お部屋は綺麗だし、毎回大満足させてもらっています。

\Hotels.comから探すならこちら/
Hotels.comで探す

【2】アクセスが良い

鬼怒川御苑へのアクセスは鬼怒川温泉駅から徒歩約10分とアクセスしやすい立地にあります。

周辺には日光江戸村や東武ワールドスクエア、龍王峡、日光東照宮など鬼怒川観光の主役ともいえる観光名所が多くあるので鬼怒川の観光にはぴったりの立地なんです。

【3】部屋が綺麗

私が毎回宿泊するのはスタンダードな和室タイプの部屋ですが、広くて綺麗です!


ポットと冷蔵庫が自由に利用可能です。

テレビは大き目なのが嬉しい!

洗面台も申し分ない広さです。
据付のドライヤーは風力が弱いタイプなので、ドライヤーを使用する時は大浴場のものを利用すると良いと思います。

お部屋の風呂はTHE普通なタイプ

アメニティは歯ブラシとカミソリ、ヘアブラシが置いて有りました。

トイレはウォシュレット完備です。

【4】食事が美味しい

鬼怒川御苑は夕食バイキングが有名なホテルですが、ほんとにクオリティが高いです。
種類は常時80種類ほど用意されており、和食・洋食・中華などなどかなり豊富なメニューが揃っています。
ライブキッチンのコーナーではステーキや揚げたての天ぷらなどがいただけますよ。

ホテルのバイキングと言うと味もそれなりなところが多いですが、鬼怒川御苑はお料理の味も美味しく出来立てのものが沢山あるので部屋食よりもむしろバイキングが楽しみなくらいです。

【5】お風呂が良い

鬼怒川御苑には大浴場と露天風呂がありどちらも素敵な温泉なのですが、私がオススメしたいのはお風呂に用意されているシャンプーバーです。
男女ともに浴場に数種類のシャンプーとコンディショナーのセットが用意されていて、好きに利用することができます。
髪の長い私にとってホテルにおいて有る無名ブランドのシャンプーはとても使うことが出来ず、毎回シャンプー類は持参していたのですが、その手間がなくなるだけでかなりのストレス減になります!

【6】浴衣が可愛い

女子なら絶対にテンション上がるのが用意されている浴衣の種類!
なんと鬼怒川御苑では無料で数種類の柄から好きな物を選ぶことができます。
浴衣の種類は女性4種類・男性3種類・子供2種類が用意されていました。

女性の浴衣4種類

男性用浴衣3種類

子供用浴衣2種類

ホテルの浴衣と言えば何の面白味もない柄の浴衣が用意されているか、もしくは有料で可愛い柄の浴衣が用意されていることが多いですが、無料で数種類の中から選ぶことができるのはかなり嬉しいポイントですよね。
是非お好みの浴衣を着てキャッキャしちゃいましょう!

これからもリピートします

数年前に初めて鬼怒川御苑にお世話になって以来、何度か利用させてもらっている鬼怒川御苑さん。
200室を超える大型の宿泊宿のため直前でも予約が取りやすく、急に思い立って鬼怒川行こう!となった時などにとても助かっています。

お値段は比較的リーズナブルなのにあらゆる面でクオリティが高くかなり満足度の高いホテルなので、鬼怒川観光にお立ち寄りの際に是非一度宿泊してみてはいかがでしょうか!

\Hotels.comから探すならこちら/
Hotels.comで探す

ABOUT ME
もふ
もふ
旅ブロガーもふです。 旅行好き夫婦の旅行記・体験記をちまちま書いています。 ここ最近はホラーゲーム実況動画鑑賞がブームです。