お出かけ

【1歳5ヶ月】娘ディズニーデビュー!1日のスケジュールなど詳しく紹介します

こんにちは!もふです。
わたしのプロフィールはこちらからどうぞ♪

この度、まもなく1歳6ヶ月になる娘が東京ディズニーランドデビューを果たしました!
これまで何百回と行っていたディズニーランドも子連れとなると話は全く変わってくるためかなり入念な事前準備を行い、現地でもしっかり調査をしてきました。

これから子連れディズニーデビューを検討中の方は是非参考にしてみてください♪

ディズニーデビューの様子はInstagramでも更新しています。
よければフォロー&いいね宜しくお願いします!

子連れディズニーの持ち物

今回娘をディズニーランドに連れて行くにあたって準備した娘関係の荷物がこちらです。
着替えやひざ掛けも用意していましたが、ベビーカーの容量にも限界があるため車内に残しておきました。

・オムツポーチ(オムツ多めに10枚ほど)
・ごはんセット
・暇つぶしグッズ(シールブック)
・抱っこ紐
・ヒップシート
・ベビーカー用防寒カバー
・ベビーカー

この中で抱っこ紐は一度も使う事が無く、アトラクションの待ち時間などはヒップシートで十分でした。
ポルバンアドバンスのヒップシートはお出かけに大大大活躍中なのでほんとにオススメです。
パーク内でも同じものを使っている方を何人も見かけました(笑)

12月インパ時の娘の服装

次に、娘の服装はこんな感じにしました。
ディズニーリゾートは東京湾に面しているため冬は海風が冷たく、とにかく温かくしておきました。

・ダウンタイプのジャンパー
・厚手の肌着
・トレーナー(裏起毛)
・ズボン(裏起毛)
・靴下
・靴

娘はこれで問題ないようでしたが、もしもう少し防寒をと思ったら+して帽子や手袋をつけてあげてもいいかもしれません。

子連れディズニーに行く前にやっておきたいこと

さて、子連れディズニーを経験してみて痛感したのは事前準備の重要さです。
当日時間を無駄にすることなくスムーズに行動できるよう、最低限のことは頭に入れておくことを強くオススメします。

赤ちゃんでも乗れるアトラクション

まずは赤ちゃんと一緒に楽しめるアトラクションをチェックしておきましょう。

ディズニーリゾートの公式サイトでは、アトラクションを条件によって絞り込めることができるので事前にどんなものが乗れそうか見ておくと便利です。
試しにディズニーランドのアトラクションで「身長制限なし」「赤ちゃんと一緒」の2つの条件で絞り込むと以下のアトラクションがヒットしました。

・オムニバス(だっこしたままでOK)
・ペニーアーケード(だっこしたままでOK・ベビーカーごと利用OK)
・ウエスタンリバー鉄道(だっこしたままでOK)
・ジャングルクルーズ(だっこしたままでOK)
・スイスファミリーツリーハウス(だっこしたままでOK)
・魅惑のチキルーム(だっこしたままでOK)
・カントリーベアシアター(だっこしたままでOK)
・蒸気船マークトウェイン号(だっこしたままでOK・ベビーカーごと利用OK)
・トムソーヤ島いかだ(だっこしたままでOK)
・アリスのティーパーティー(だっこしたままでOK)
・イッツアスモールワールド(だっこしたままでOK)
・シンデレラのフェアリーテイルホール(だっこしたままでOK)
・ホーンテッドマンション(だっこしたままでOK)
・ミッキーのフィルハーマジック(だっこしたままでOK)
・グーフィーのペイント&プレイハウス(だっこしたままでOK)
・チップとデールのツリーハウス(だっこしたままでOK)
・トゥーンパーク(だっこしたままでOK)
・ドナルドのボート(だっこしたままでOK・ベビーカーごと利用OK)
・ミニーの家(だっこしたままでOK・ベビーカーごと利用OK)
・スティッチエンカウンター(だっこしたままでOK)
・バズ・ライトイヤーのアストロブラスター(だっこしたままでOK)

赤ちゃんと一緒だと何も乗れないかな?と思いきや、意外となんでも乗れちゃうんですよね。

これ以外にも色んな条件で絞り込みをすることができるので、行く前に一度チェックしていくのがオススメです。

パークでの食事

次にパークでの食事も超重要です。
娘は1歳5ヶ月(まもなく1歳6ヶ月)になりますが、お子様ランチを食べるにはちょっと早い年齢なのと、大人の食事で取り分けできそうなものが少ないように思ったので、写真の品々を持参していきました。

ちなみにパーク内の食事で食べられるものも色々と調べてみたのですが、以下のレストランならこのくらいの年齢の子でも食べられるものがあるかなと思いました。

・れすとらん北斎(天麩羅とうどん膳やお子様セットなど)
・クリスタルパレスレストラン(ビュッフェなのでいくつか食べられるものがありそうでした)
・チャイナボイジャー(ラーメンなど)

これらはあくまで娘の場合ですのでもっと幼児食が進んでいる子ならお子様セットなども食べられる場合はそちらを頼むのも良いと思います。

【重要】パークでレストラン難民にならないために

パークでの食事についてご紹介しましたが、ご存知の方も多いと思いますが現在ディズニーリゾートではプライオリティ・シーティングといって一部のレストランが事前予約制になっています。
お目当てのレストランやメニューはある場合はチケット購入後に即レストランの予約も一緒に行っておきましょう。

レストランの予約は前日までにオンラインで申しむか、当日オンラインで毎日9:00より、店頭では10:00より当日枠を申し込むことができます

ちなみに我が家の場合ですが、こんなことを言っておきながらレストランの予約はしませんでした。
というよりできなかったのです。

なのでプライオリティシーティング対象外のレストランにてピークタイムを外して昼食は11時、夕食は18時前と早めの食事をとるようにしました。

もふ
もふ
参考までに昼食はトゥモローランドテラス、夕食はグランマサラのキッチンです

うっかりするとレストラン難民になってどこにも入れなかったなんて状況にもなりかねないのでご注意ください。

オムツ交換、授乳場所をチェック

最後に当日になって慌てないようにオムツ交換や授乳場所もチェックしておきましょう。

オムツの交換台は全ての女性用トイレと一部の男性用トイレにも設置してありますが、オススメはベビーセンターです。
ディズニーランドには2ヶ所のベビーセンターがあり、ここではオムツ交換や授乳、赤ちゃんの食事ができるのです。

1つ目はモンスターズインク・ライド&ゴーシークの隣にあるベビーセンター
こちらでは液体ミルク、紙オムツ、ベビーフード、ベビーカー用レインカバーの販売もしています。

もう1つはトゥーンタウン内ロジャーラビットのカートゥーンスピン横にあるトゥーンタウン・ベビーセンター
(注意:利用時間は開園1時間後~閉園2時間前まで)

子連れディズニー1日のスケジュール

それでは参考までに1日のスケジュールをご紹介します。
パーク内での行動は割と大雑把に書いているので、書かれていないところでオムツ替えなどは済ませています。

5時 母起床

朝5時、久しぶりに全力の早起きです。
今日は娘を起こしたらすぐに出発する予定なので、まずは自分のメイクを済ませます。

6時 娘の朝ごはん作り

メイク後は娘の朝ごはんを作ってお弁当箱につめつめ。
家でご飯を食べている時間が無いので娘にとっては初の車内朝食です(ごめんね)

その後は娘を起こして着替えなどを済ませます。

7時 出発

7時、予定通り出発しました。
順調にいけば1時間もかからない道のりですが、道路が混んでいて1時間30分程かかってしまいました。

8時30分すぎ 到着

8時30分過ぎ、ようやく到着しました。
入園するための保安検査に長蛇の列ができていて軽く絶望。

9時 入園

9時過ぎ、やっと入園することができました。
久しぶりのディズニーランドはスタンバイパスってなに?ファストパス無くなったの?美女と野獣のエリアすごーい!ってな感じでしばらくパーク内をうろうろ。

楽しみにしていた美女と野獣のアトラクションはこの時点ですでに19時以降のスタンバイパスしか残っていなかったので早々に諦めることに。
とりあえずプーさんのハニーハントのスタンバイパスを取得します。

10時 イッツアスモールワールド

まずは娘が一番喜ぶであろうイッツアスモールワールドにやってきました。
最初は戸惑っていた娘でしたが、あっという間にノリノリに。
手や体でリズムをとって楽しんでいるのを見て母は涙が出そうになりました(泣)

10時30分 プーさんのハニーハント

イッツアスモールワールドの後はスタンバイパスを使ってプーさんのハニーハントへ。
実は夫も初めてだったらしくティガーのピョンピョンシーンで感動してました。

11時 トゥモローランドテラスで昼食

ハニーハントの後は混雑を避けるために早めに昼食にすることにしました。
お昼はトゥモローランドテラスでハンバーガーを食べる事にしたのですが、11時ごろならそこまで並ばずに入店&着席できました。

子供用椅子も置いてあります。
ちなみにポテトは塩抜きのオーダーもできました!お子様とシェアする方はぜひ!

12時 トゥーンパーク

お昼を済ませた後はトゥーンタウンに入ってすぐにあるトゥーンパークでしばし娘の遊びタイムにしました。

色んな形のオブジェが並んでいて娘は触ったり登ったりくぐったりして大喜びでした。

12時30分 ロジャーラビットのカートゥーンスピン

トゥーンパークの後はロジャーラビットのカートゥーンスピンへ。

13時 娘お昼寝

13時になり娘のお昼寝時間になりました。
今回最大の課題が娘がお昼寝してくれるかどうかでしたが、そんな心配もよそにベビーカーに乗せてパークを少し歩いていたらあっという間に寝てくれました。

この時間、夫と交代で大好きなスペースマウンテンへ。
シングルライダーは人生初でしたが、案外気にならないものですね(笑)

14時 娘起床

2人がスペースマウンテンを乗り終わったタイミングで娘が起きました。
ここらで大人はチュロスとポップコーン、娘は持参したおやつでスイーツタイム。

14時30分 モンスターズインクライド&ゴーシーク

おやつの後は娘が好きそうかな?と思いモンスターズインクライド&ゴーシークへ。
結果、全くのノーリアクションでしたw

15時30分 カリブの海賊

モンスターズインクの後はそのままアドベンチャーランドにあるカリブの海賊へ。
最初の落ちるところや、全体的に怖い雰囲気なのでひやひやしましたが全く怖がることも無く、キョロキョロと物珍しそうにしていました。

16時30分 ウエスタンリバー鉄道

そして陽が落ちてしまう前にウエスタンリバー鉄道へ!
本当はお隣のジャングルクルーズがお目当てだったんですが40分待ちの為断念。

17時30分 グランマサラのキッチンで夕食

ウエスタンリバー鉄道に乗車した後は早めの夕食にする予定でした。
しかしお目当てだったチャイナボイジャーが大大大行列のため急遽違うレストランをその場で検索。
グランマサラのキッチンが比較的空いていたのでこちらに入って早めの夕食でした。

18時30分 イッツアスモールワールド

帰る前に最後に何か乗っていこうかと悩んでいた時に娘が「ん!ん!」とこちらを指差したため2度目のイッツアスモールワールドへ。
ホーンテッドマンションと悩みましたが娘にとってはこちらで大正解だったと思います。

19時 退園

娘のことを考えると19時がパークにいられる限界だったので後ろ髪ひかれつつパークを後にします。
ちなみにこの後駐車場の場所がわからず迷子になり30分ほど彷徨う事態に。

20時30分 帰宅

帰り道は行きよりもスムーズに進み、1時間ほどで帰宅することができました。
娘も疲れている様子だったので、光の速さでお風呂を済ませます。

21時 娘、就寝

21時、いつもより1時間遅れて娘の寝かしつけ。
寝かしつけ担当の夫曰く、布団に下して3秒で寝たとのこと。
沢山刺激を受けたので夜泣きするかな?と覚悟していましたが朝までぐっすりでした。

今回の失敗点

終始楽しく回れた初の子連れディズニーでしたが、実は1つだけ反省点があります。
それは娘がまさかのランチボックス断固拒否だったのです。
普段からお出かけ時にはランチボックスを愛用していて、これまで何の問題も無く食べてくれていたのですが、今回初めて全く食べてくれないという問題に直面しました。

昼食はバナナとパン、そして塩抜きのポテトで済ませる結果になってしまいました。

そして追い打ちをかけるように夕食ではグランマサラのキッチンでお子様セットを頼むもインゲンしか食べてくれないという!!!
結局私が全部食べる事にしましたが、インゲン3本に940円というぼったくりバーもびっくりな感じになりました。

麺が好きな子なので、チャイナボイジャーのラーメンやれすとらん北斎のうどんならきっと食べてくれたと思うのですが、チャイナボイジャーは40分待ち、れすとらん北斎はプライオリティシーティングのレストランなので入店することができず割と本気で困っていました。

この日は娘にとってはほぼパンとバナナしか食べないという可哀想な事になってしまったので、次回はちゃんと娘が食べられそうなメニューがあるレストランを予約しようと思います。

これからディズニーデビューを考えている方も同じような失敗をしませんように。。

まとめ:1歳6ヶ月でもディズニーは楽しめるか?

長くなりましたが娘のディズニーデビューについてご紹介させていただきました。

食事の面で多少の失敗はありましたがその他については事前に色々と予習していたこともあり1日楽しく過ごすことができました。
アトラクションを静かに待っていられるか、怖がったりしないかなど心配していたことが沢山あったのですが何も問題ありませんでした。

さて、1歳6ヶ月の子でもディズニーを楽しめるか?という問題ですが少なくとも娘はパークのにぎやかな雰囲気や楽しい音楽を見て聞いて感じて、ずっとニコニコしていたので楽しんでくれたかなと思っています。

もう一点、楽しめたかどうかとは別になりますが、次の日からの娘の成長っぷりが凄いんです。
夫も「娘、なんか一気に成長したね」と言うくらいなので私だけの勘違いではないと思います。
どうやらパークの雰囲気や同じくらいの子供を沢山見たことで相当刺激になった様子。

やっぱりディズニーは凄いなと思わずにはいられない経験でした。
次はディズニーシーに行きたいなぁ。