国内旅行

星野リゾート界鬼怒川宿泊記!予算を3倍出してみたら星野リゾートの本気が見えました

こんにちは!もふです。
わたしのプロフィールはこちらからどうぞ♪

今回は日光・鬼怒川旅行の際に宿泊した「星野リゾート 界 鬼怒川」の宿泊記になります。
宿泊費の予算をいつもの3倍つぎ込んだだけあって、おもてなしに溢れたすんばらしい宿でした。

詳しくレポートしていこうと思いますのでこれから予約を検討している方や、そうでない方にもチラッと読んでいってほしいです。

鬼怒川に星野リゾートなんてあったっけ?

まず宿泊記を書く前に、私がここを予約する際に疑問に思っていたことがあります。
鬼怒川温泉に星野リゾートなんてあったっけ?

鬼怒川温泉は家から近いこともあり、今まで夫と何度も足を運んでいる場所であります。
鬼怒川一帯はほぼ制覇と言っていいくらい回りましたしもちろん周辺のホテルは色々と泊ってきました。
だけどもあの天下の星野リゾートなのに、どこにあるのかさっぱり見当がつきません。

その謎は実際に行ってみて解き明かされました。
見てこれ。こちらは森の中にひっそりと隠れてる正面玄関から、ゴンドラに乗って宿に向かうんです。
そりゃあどこにあるのかわからないはずだわーと納得しましたとさ。

そんな場所に「星野リゾート 界 鬼怒川」はあります。

星野リゾート 界 鬼怒川概要

ということでちょっと(いや大分)話は逸れてしまいましたがまずはお宿の概要から!

住所

栃木県日光市鬼怒川温泉滝308

アクセス

東武鉄道鬼怒川温泉駅よりタクシーで約5分

パーキング

有り(無料)

部屋数

相部屋数48室(和室)

全室シャワー・全室冷暖房・テレビ・冷蔵庫(有料飲料あり)

風呂

星野リゾート堺鬼怒川のお風呂は加水・加温・循環ろ過式の鬼怒川温泉です。

内湯 男女各1
露天風呂 男女各1
サウナ 無し

部屋

今回宿泊したのがとちぎ民藝の間(和室)というお部屋です。
まぁいわばこちらで最もスタンダードでお安いお部屋ですね。

星野リゾート鬼怒川では全室に益子焼や黒羽藍染などの伝統工芸がちりばめられており、扉を開けてすぐに益子焼の鬼さんがお出迎えしてくれました。

和室

落ち着く雰囲気の和室にはソファーとテーブル、テレビが設置されています。
この色合いがなんともホッとできますよねぇ。
テレビは伸びたり縮めたり、好きな角度に調節できるのが地味に便利でした。

寝室

照明が絶妙な加減の寝室はローベッドタイプです。
ベッドは簡単に動くのでくっつけたり離したり自由に動かせました。

鹿沼組子(なのかな?)の衝立が超絶好みです。ほ・・・欲しい・・・。

テラス

お部屋にはテラスもついています。
椅子とテーブルが置いてあるので暖かい日にはここでお茶なんかもいいですね。

テラスから見える景色は時期的にちょっとさみしい景色でした。
もう少し暖かくなって緑でいっぱいになったら最高に気持ち良い場所になりますよね。

浴室

シャワー室とトイレがある浴室はこんな感じです!
木の温かみ溢れるデザインで、トイレなのにめちゃくちゃ居心地が良いー。

シャワー室は扉も窓もすっけすけ!

テラスから見るとこんな感じです(笑)
えぇ!見え放題じゃない!と心配しましたが、ブラインドを下げてしまえばOKです。

トイレは暖房便座・ウォシュレット完備で言うこと無し。
ちなみに自動で流れてくれます。

ドリンクサービス

お部屋に備え付けのドリンクコーナーはこれまた素敵な雰囲気です。
カップは益子焼かな?ちょっとわからん。

ぱかりと蓋をあけるとお茶とコーヒーがありました。
この入れ物も素敵・・・ほ、欲しい・・・。

その下の冷蔵庫にはお水、お茶、アルコールが入っています。
なんとお水はサービス(無料)です。
アルコール用のグラスが冷えているところがちゃんとわかってますよね。

館内着

お部屋に置いてある着物は館内着としても着用できます。
星野リゾートさんでは浴衣では無く作務衣スタイル!
女性は紫、男性は若草色のような素敵な色です。

冷えないようにホッカイロと、足袋型ソックスまで用意してくれてます(感涙)

豪華なアメニティ

星野リゾートではこれ持って帰っていいの?と心配になるくらいのアメニティが用意されていました。

こちらはお茶菓子のお煎餅とお餅です。
お煎餅は売店でお土産として売っているものがまるまる1つおいて有ります。

これは浴室に置いてあったアメニティセットです。
風呂敷に歯ブラシなどのアメニティがセットになっているのですが、この風呂敷は持ち帰りOKです。
ちなみにこの風呂敷は他の星野リゾートによって柄が違うみたいですよ。

温泉

部屋の次は温泉のご紹介です。
星野リゾート界鬼怒川の温泉は無色透明さらには無臭なので一見普通のお湯?なんて勘違いしてしまいがちですが、アルカリ性単純温泉の鬼怒川温泉です。

フロントを出て中庭を通っていくと温泉の建物がありますよ!

中に入るとまず目に留まるのがおしゃれな雰囲気満天の湯上り処です。
ストレッチマットなんかも置いてあったので、湯上りにのんびりストレッチするのなんかもいいですよね。

湯上り処においてある飲み物は飲み放題です♪
黒豆茶とゆずレモンジュースが用意してありました。

さらにジュースのお隣にはこちらのご自由にどうぞなアイスキャンディーが置いてあります。
お風呂上りに湯上り処でのアイスタイムは格別でした!

写真はここまで!
温泉は内風呂と露天風呂がありますが、内風呂は大きな窓から外を眺めつつ入れるような設計になっていて、開放感があります。
露天風呂から見える景色はなんと桜並木!私が行った時は残念ながらまだ桜は開花していませんでしたが、満開になったら花見風呂が楽しめると思います。

なにより大型ホテルに比べて客室もそこまで多くないのでそもそもの宿泊客数も少なく、いつ利用しても人は1人~2人くらいしかいなかったので、ゆーっくり心行くまで堪能できたのがよかったです。
最近大型ホテルの宿泊ばかりで、大浴場と言えば動物園か?と言わんばかりの大賑わいの時が多かったので、やっぱり温泉はこうでなくちゃとしみじみと思ったのでした。

食事

そして旅の楽しみの1つでもある食事についてです。
食事についてはあまりに記事のボリュームが出過ぎてしまったので別記事でご紹介しています。
夕食と朝食をお料理ごとに詳しくレポしています

【星野リゾート界鬼怒川】朝食と夕食レポ!詳しいメニュー紹介しますこんにちは!もふです。 わたしのプロフィールはこちらからどうぞ♪ 清水の舞台から飛び降りるつもりで予約した「星野リゾート 界 鬼...

宿泊してみての感想

冒頭でもお伝えした通り、宿泊費の予算をいつもの3倍かけて予約してしまった星野リゾート 界 鬼怒川でした。
1泊2日宿泊してみての感想ですが、3倍かけた費用はまっっったく後悔ありませんし、妥当だとも思ってます。
お部屋や温泉、食事の素晴らしさはもちろんですが、お客様1人1人へのホスピタリティが半端ないです。
あぁもてなされているな、と心から思える宿だなと思います。

夫とも同じ感想だったのですが、こんなに時間がゆっくり流れる宿ははじめてでした。
またお金貯めて是非利用させてもらいたい宿です。

星野リゾートは青森県にある青森屋にもお世話になった事がありますが、鬼怒川とはまた違う賑やか!わいわい楽しみながら宿泊!系のホテルでこちらもまた素晴らしいホテルでしたのでよろしければご覧くださいませ。

星野リゾート青森屋宿泊記!まるで巨大なレジャー施設のようでしたこんにちは!もふです。 わたしのプロフィールはこちらからどうぞ♪ 今回の「みちのくゴールデンルートツアー」で宿泊した『星野リゾー...

青森屋といえばのれそれ食堂でいただく青森の食材をふんだんに使用したバイキングが人気です。
レポ記事はこちらから。

星野リゾート青森屋の豪華バイキング紹介!混雑具合やメニューレポこんにちは!もふです。 わたしのプロフィールはこちらからどうぞ♪ 旅行の楽しみと言えば「食」 今回は星野リゾート青森屋でも特に...